毛穴レスを目指すならクレンジン選びが重要[綺麗な肌への近道]

リラックス効果がある

乾燥に有効な入浴法について

その日の疲れをしっかりと取ってくれて、体も心もリラックスできるのがお風呂です。 しかし、乾燥肌の方は入浴の仕方次第では、乾燥対策を行うことができます。 まず、乾燥肌の特徴として、皮脂の分泌が低下していて、肌のバリア機能が弱待っている場合がほとんどです。 そのため、お風呂で汚れをしっかりと落とそうと思って、ボディーソープでゴシゴシ擦り洗いをしてしまうと、元々少ない皮脂や肌の潤い成分まで奪われてしまう事になります。 冬場の乾燥しやすい季節などには、ボディーソープなどを使わない方法で入浴するのがおすすめです。 少しぬるめの湯船に10分くらい浸かって、しっかりと毛穴から老廃物を汗と一緒に出すようにして、皮脂のバランスを整えることで、乾燥対策になります。

肌を労わる入浴のすすめ

長風呂はとても気持ちよくて体の疲れも取れて、心もリラックスされますが、乾燥肌にとっては良いものではないのです。 あまり長い時間湯船に浸かっていると、肌の角質がふやけてしまって、肌の潤い物質などがお湯に流れ出てしまって、潤いをとどめておく力が弱ってしまうのです。 そのため、乾燥肌対策としては、この潤いを守るような保湿力の高い入浴剤を湯船に入れるのが良いでしょう。 肌に優しい保湿成分が含まれている入浴剤を用いて、お湯の温度は高くても39度くらいまでにしておくのが大切です。 また、湯船に浸かる時間も目安としては20分程度までにしておきましょう。 また、お風呂からあがったら、すぐに保湿効果のあるローションやクリームを塗るようにして、水分が逃げないように閉じ込めることで、乾燥対策を行うことができます。